家で簡単に赤ちゃんの体重を測る方法

赤ちゃん 体重

赤ちゃんの体重って気になりますよね?

特に生まれたばっかりのころは、赤ちゃんの体重が順調に増えているかが気になる人が多いと思います。

しかし、赤ちゃんの体重ってなかなか測れないんですよね。検診の時や地域の保健センターなどで測れたりもしますが、測りたいときに測れないのが実情だと思います。

もちろんベビースケールを購入するという手段もありますが、使える時期が限られており、金額も安くはないので購入を控えてしまう人が多いと思います。

今回は、そんな赤ちゃんの体重を、自宅で簡単に測る方法を紹介します。

簡単に赤ちゃんの体重を測る方法

準備

まずはじめに準備するものですが、体重計一つで大丈夫です。
もちろんベビースケールではなく、普段使用している体重計があれば大丈夫です。

ちなみにわが家では、タニタの体重計を使用しています。
このタニタの体重計ですが、普通の体重計とは違い50g単位で体重を測定できるため、体重の変化を細かくチェックすることができます。体重計の購入を検討している人はぜひチェックしてみてください。

体重を測る方法

  1. パパかママが赤ちゃんを抱き、体重計に乗って体重を測る
  2. 赤ちゃんを寝かせ、今度は一人で体重計に乗って体重を測る
  3. 「1」の体重から「2」の体重を引いた数字が、赤ちゃんの体重です♪

注意点

この体重を測る方法は、パパママの体重+赤ちゃんの体重を測り、そこからパパママの体重を引くという方法になります。
そのため、パパママの体重がその時によって変わってしまうため、赤ちゃんの正確な体重を測ることはできません。あくまで体重の目安と思ってもらった方がいいと思います。

また、体重は測るタイミングによって違いが出ます。
ご飯を食べる前と後、トイレに行く前と後、朝起きた時と夜寝る前など、その時々によって何百グラムも差が出てきます。
そのため、この方法で体重を測るときは、できるだけ同じタイミングで測るようにしてもらうと体重が正確になると思います♪

赤ちゃんの体重の増え方

赤ちゃんの体重ですが、生後3カ月で出生時の約2倍1年で出生時の約3倍になるといわれています。
生後3カ月までは1日約30g増えるといわれていますが、大きくなるにつれて動きが活発になるため体重が増えるスピードが緩やかになっていきます。

自宅以外で赤ちゃんの体重を測るには?

赤ちゃんの体重をちゃんと測りたい場合は、以下のような場所に行ってみましょう。

  • ショッピングセンター
  • 地元の保健センター
  • 公民館や薬局で行っている育児相談会等

上記のような場所では赤ちゃんの体重を測ってくれるところもあるため、事前に一度問い合わせてから赤ちゃんを連れていってみてください。

私の地元のショッピングセンターでは、授乳室に赤ちゃんの体重計がおいてあるため、買い物ついでに体重を測ることができます!日によっては保健師さんが育児相談を行っているので、よく利用させてもらっています♪

ベビースケールがほしい場合はどうしたらいい?

上記のような方法で赤ちゃんの体重を測ることはできますが、「どうしても体重の変化が気になるから、ベビースケールでこまめに測りたい!」という方もいらっしゃいます。

そういった方は、もちろんベビースケールを購入するというのも一つです。大人が使う体重計と違い、1g単位で体重測定できるベビースケールもあります。

また、購入以外にも、ベビースケールをレンタルするという手段もあります。
かしてネッとというサイトでは、ベビースケールはもちろん、ベビーベッドやチャイルドシートなどのベビー用品をレンタルすることができます。
レンタルの期間は1日から設定することができます。必要な期間だけ借りることができ、不要になったら返却できるのがレンタルの嬉しいところです。

どうしてもベビースケールがほしい方は、ぜひ参考にしてください。

体重を気にしすぎない

赤ちゃんの体重を測りたい!という気持ちはよく分かりますが、体重ばかり気にしすぎないようにしましょう!
我が家も体重を気にして、家で測ってみたりショッピングセンターに測りにいったりしていました。
しかし、保健師さんに話を聞くと、赤ちゃんの体重よりも表情を見てあげてほしいと言われました。

保健師さんの話
赤ちゃんの体重はその子によってどうしても違いが出ます。生まれたときの体重が違いますし、増えていくスピードもその子によって様々です。
なので、体重よりも赤ちゃんの表情を見てあげてください。笑ったり泣いたりするか、目でママパパを追うか、語をしゃべるか、体重よりも表情を見ることで、赤ちゃんが順調に成長しているか分かるんですよ。

いかがでしょうか?
私はこの話を聞いてから、体重よりも赤ちゃんの表情を見るようになりました。
もちろん気になるときは体重を測りましょう!しかし、一番大事なのは赤ちゃんが元気に育っているかどうかです。気にしすぎないようにして、子育てを楽しみましょう♪

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ