お風呂を嫌がる子どもを楽しくお風呂に入れる方法

お風呂 嫌がる

我が家の2歳の息子は、お風呂に連れて行くたびに泣き出します。
イヤイヤ期真っ盛りの息子は「お風呂イヤ!」と泣き叫び、毎日お風呂に入れる時間が苦痛の時間となっております。

一度お風呂に入ってしまえばなんとかなるのですが、やはりお風呂に入れるまでが大変ですよね。

そこで今回は、我が家が実践した子どもを楽しくお風呂に入れる方法を紹介していきます。

お風呂嫌いな子供を楽しくお風呂に入るために試した方法

お風呂でしか遊べないおもちゃを用意しておく。

お風呂でしか遊べないおもちゃを用意してみました。
「お風呂に入らないと遊ぶことができない」となれば、遊びたくてお風呂に入ってくれるはずです。

アンパンマン好きの息子のために用意したおもちゃはこちら

遊びいっぱい!おふろでアンパンマン

お風呂でなければ使えないシャワーが付いており、バイキンマンにシャワーをかけたり数字を数えたり、2歳にはもってこいのおもちゃです。

当然うちの息子も気に入ってくれて、お風呂に入れば楽しく遊んでくれたのですが・・・

「お風呂でアンパンマンのシャワー使って遊ぼう」と呼んでも、「お風呂いや!」となってしまい、なかなかお風呂には入ってくれませんでした・・・

大好きなおもちゃでお風呂に誘導する

アンパンマン 新幹線

普段からお気に入りのおもちゃで、お風呂に誘導してみることにしました。
息子が大好きなおもちゃが新幹線だったので、一緒に新幹線を走らせながらお風呂へ!

「ガタンゴトン~、お風呂駅に到着です~」

脱衣所まではのりのりでついてきてくれたのですが、いざ服を脱がせようとすると、「イヤッ」と言って新幹線を走らせながら再びリビングへ逆戻り・・・

スマホで動画を見せながら誘導する

おもちゃで誘導がいいところまで行ったので、今度はスマホで動画を見せながらお風呂へ誘導させてみました。
見せる動画はもちろんアンパンマンです。

これがとてもうまくいき、すんなりとお風呂場まで連れて行き、なんと服を脱がすことにも成功!

やっとお風呂に入れることができると一安心し、スマホを片づけて体を洗おうとしたところ、
「アンパンマン見る!!」
と泣き出してしまいました・・・

そうなんです、お風呂に入れることには成功したものの、スマホを手放してくれなくなってしまいました・・・

我が家のスマホは防水タイプではないため、お風呂に入りながら使うことはできません。
お風呂に入れることには成功したものの、泣き叫ぶ息子と闘いながら体を洗うことになりました・・・

お風呂が好きになる本を読んでみる

次は、お風呂の絵本を読み聞かせて、お風呂を好きにさせようと試してみました。
買ってみたのはこちらの絵本です。

おふろにおいで

こちらの絵本ですが、カニさんやカメさんなど、いろいろな動物が順番にお風呂に入っていき、最後にカニさんが、「おいでおいでおふろにおいで」と子供を呼んでくれる絵本になっています。

「この絵本でお風呂好きになってくれるだろうか・・・」と心配しながらも、息子に読んでみると、

「おふろいく!」

と、なんともあっさりお風呂に入ってくれるようになりました!

これには本当に驚かされました。
試しに買ってみようかな?と思って買った絵本一つで、今まで泣き叫びながらお風呂に入れていた苦労が解決してしまいました。

どうやら、いろんな動物が楽しそうにお風呂に入っていくのが気に入ったみたいです。
お風呂に入ると、「カメさんいない」と、絵本に出てきた動物がいなくて寂しがっているようです。

もちろん、「100%嫌がらなくなった」なんてことはありませんが、「カニさんがお風呂で呼んでるよ~」と話しかけると、素直にお風呂に行ってくれるようになりました(我が家のお風呂には、ちょうどよくカニのおもちゃがおいてあります)。

まとめ

いろいろな方法を試してみましたが、一番効果があったのは絵本を読むことでした。
結局いろいろな方法でお風呂に連れて行ったとしても、お風呂が好きにならない限りは結局泣かれてしまいます。

せっかくの疲れをとるためのお風呂です。子供と一緒に楽しくお風呂に入りましょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ